日時 2017年3月20日(月祝) 10時〜15時30分
 講師

内藤 大貴 先生(五香病院,理学療法士)

柳田 恵佑 先生(TAP研究会,理学療法士) 

テーマ(内藤)

運動パターンを用いた治療展開〜Stabilityを高める方法〜

テーマ(柳田) 姿勢と足部との関係性〜協調関係から紐解く〜
スケジュール

9時30分〜10時:受付

10時〜12時30分:内藤先生

12時30分〜13時: 昼休み

13時〜15時30分:柳田先生

会場

江東区総合区民センター 第5会議室(最寄駅:都営新宿線 西大島)

アクセスはこちらから >>>

参加費

8,000円(当日お支払いください)

申し込み こちらからお願いします >>>

講師からのメッセージ(内藤先生)

 リアル臨床2016で発表した内容に深みを持たせお伝えします。私たちは姿勢保持や関節を安定させることにより、円滑に運動することが出来ています。これが出来ていないとパフォーマンスは低下し、代償が出現します。治療も“stability”を高めることにポイントを置き介入することが多いのではないでしょうか?今回は臨床で重要とされる“stability”に焦点を当て、実技を通して皆さんと学びたいと思います。

講師からのメッセージ(柳田先生)

 リアル臨床2016で発表した足部と姿勢の関係性を実技を交えてお伝えします。足部は局所だけで捉えるのではなく、姿勢と関係づけることによって臨床に幅を持たせることができます。当日は特に距骨下関節と横足根関節に焦点を当て、姿勢との関係性を紐解きます。実技ありの研修会などが初めての方も楽しく学べるように雰囲気作りにも配慮したいと思います(^^)/ 是非一緒に成長しましょう☆★