シンポジウム(1日目)

5つのテーマでこれまでの10年を振り返り、これからの10年を考えます!

各シンポジウムで、事前に質問を募集します。

その内容を参考に、司会が当日にシンポジストに質問いたします。

質問は各種SNSのコメント欄か、こちらのフォームメーラーからお願いします。


女性の輝き方シンポジウム

《登壇者》

河合麻美 先生

(リハMAP リハビリママ&パパの会 代表)

大西安季 先生

(個人事業主)

♦内容♦

様々なライフイベントで働き方が大きく左右される女性。

どのステージでも輝く生き方をするにはどうしたら良いか?

 

自分にあった働き方を見つけるキッカケ・一歩踏み出すキッカケを掴む時間を共有しませんか?

 

河合先生・大西先生の働き方や活動を聞き、働く女性セラピストの質問や悩みに答えながら全ての女性が輝く為のエッセンスを集めるそんなシンポジウムにしていきます**

 

セラピストはどう生きるか?

《登壇者》

張本 浩平先生

(株式会社 gene)

 

藤本 修平先生

株式会社豊通オールライフヘルスケア事業部)

 

♦内容♦

セラピストの働き方が多様化し、保険外を含め活躍の場が広がってきている。

今の現状は10年前には想像が出来なかった。

これからの10年はどうなるのか?活躍の場は間違いなく増える!様々な視点からセラピストの活動領域について討論する。
全国の病院・施設で、多くのセラピストと対峙して来たお二人が考える「今後のリハビリテーション業界」を予測し「セラピストはどう生きていくのか?」を語り合っていきます。



膝関節障害に対するリアル臨床

一般参加者の中で、症例になって頂ける方を探しています。
こちらのフォームに登録いただくか、下記までにご連絡下さい。
御協力お願い致します。
real.jimukyoku@gmail.com

《登壇者》

吉田俊太郎 先生

(山田記念病院)

田中佳紀  先生

(きむらてつや整形外科内科)

 

♦内容♦

1症例を2名のシンポジストで並行しながら、問診、評価、介入を行います。

質疑応答もその都度交え、講演では経験が出来ない、リアルな臨床を学ぶ時間にしたいと思います。

肩関節障害に対するリアル臨床

一般参加者の中で、症例になって頂ける方を探しています。

こちらのフォームに登録いただくか、下記までにご連絡下さい。
御協力お願い致します。

real.jimukyoku@gmail.com

 

《登壇者》

吉田一也 先生 

(人間総合科学大学・肩コンディショニング専門店APULA代表)

斉藤涼平 先生

(高島平中央総合病院)

 

♦内容♦

1症例を2名のシンポジストで並行しながら、問診、評価、介入を行います。

質疑応答もその都度交え、講演では経験が出来ない、リアルな臨床を学ぶ時間にしたいと思います。



脳卒中患者に対するリアル臨床

《登壇者》

玉井洋平 先生 理学療法士

(横浜新緑総合病院)

神奈川認知リハビリテーション研究会 代表

AKA博田法認定療法士

出口雅大 先生 作業療法士

(衣笠病院) 

臨床ハンドリング研究会 会長

横浜TODODAS 専属トレーナー

阿部学 先生 言語聴覚士

(なみきリハビリテーション病院)

LSVT-LOUD certified  clinician
IMSTDインストラクター

 

♦内容♦

脳卒中リハビリテーション分野のスペシャリストの先生方で討論して頂きます。実際の症例の脳画像、動画をもとに、どのように介入するか一人ずつ臨床感を話し、各職種でディスカッションしてもらいます。平成最後のリアル臨床!脳卒中について語り合いませんか?